マイスター号

タリンとヘルシンキを結ぶ新星

バルト海で最も環境に優しいフェリー

最新の技術が採用され、2022年秋口に就航が予定されているマイスター号は、弊社の船隊の中で最も先駆的な高速フェリーです。

本船はエネルギー効率がすこぶる高く、バルト海を運航する船の中で最も環境に優しくサステナブルなものです。燃料消費の最適化テクノロジーとLNG(液化天然ガス)の使用で環境に及ぼす影響を最小限に抑えています。

環境保全のための取り組みは船内インテリアにも反映され、サステナブルな素材が使用されています。尚、本船内部は広々として快適さと進歩性が追及され、お客様の旅をさらにスムーズにすべき工夫が施されています。まさにバルト海の輝く新星といえます。


自然の美の極みが調和にあるように、マイスター号船内ではショッピング、比類のない海の景観、賢く設計された公共スペース、思い出に残るお食事などが最適なバランスで継ぎ目なくご体験いただけます。

船内インテリアにも自然を重んじるアプローチが反映されており、海の景色がふんだんに視野に入ってくるよう設計されています。魅力的なレストラン、カフェ、座席エリアはビジネス、ホリデー、ご家族連れ等、様々なニーズにお応えできます。すでにバルト海クルーズのご経験がある方も新鮮なお気持ちでお楽しみいただけること間違いありません。