ご予約変更について

新型コロナウイルス感染症による未曾有の状況を考慮し、ご予約変更につきまして、柔軟にご対応しております。

ご不明な点は弊社お客様サポートまでご連絡ください →


パンデミック状況下の旅客船特別利用規約
 

  • 運航が取り止めとなった2021年12月31日までのリーガ‐ストックホルム間ルート及び、2021年5月28日から7月31日までの間のその他のルートのチケットの変更においては、以下の原則が適用される:

    a) 2022年5月31日までの期間で、違約料金を生じさせることなく出発日を変更することが可能。

    b) フィンランドからの出発する場合、シャトルスタークラスの往路便を無料にて追加することが可能。

    c) 新しい出発日をすぐに決められない場合、支払ったチケット額の範囲内の価値に10%プラスしたDギフトカードの発行が可能。当該ギフトカードの使用期限は2021年の12月31日までであるが、2022年5月31日までのチケットの購入に利用できる。また、同カードは2021年12月31日までTallink e-shop のでの支払いでも利用可能。
  • 出発日やルートの変更が可能でなく、予約をキャンセルする必要がある場合、支払われたチケット額の全額が、予定されていた出発日の14日前より返金される。尚、返金のリクエストは予定されていた出発日の30日前までに行うことが条件とされる。
  • 運航が取り止めとなった2021年12月31日までのリーガ‐ストックホルム間ルート及び、2021年7月31日までの間のその他のルートのチケットの上記事項以外の取り扱いにおいては、2019年10月29日にAS Tallink Grupp のマネージメントボードによって決定された『AS Tallink Grupp 利用規約』が適用される。

    注意!上記は運航がAS Tallink Grupp の裁断によって取り止めとなった場合のみに有効で、その他の場合には通常の規約が適用される。

    AS Tallink Gruppの利用規約について さらに詳しく

    チケットの変更・キャンセル保険について さらに詳しく