新型コロナ感染症に伴う変更事項等、現在の状況について

 更新日  2022年1月25日

安全にご旅行いただくために

ご予約の変更もしくはキャンセルについて

現在の運航ルートプラン

新型コロナ感染症に関する重要注意事項

新型コロナ感染症に関する現地の最新情報ソース及びに関連官公庁のウェブサイト

***************************

新型コロナ感染症に伴い、ご予約が変更・キャンセルとなる場合:

  • ご予約済みの旅行がキャンセルされたお客様へは、弊社お客様サポートからご連絡いたします。 

    万が一、ご予約がキャンセルとなった場合迅速にご連絡差し上げられるよう、弊社システムにご連絡先が正しく登録されているか当ウェブサイトの"マイ ブッキング" セクションからご確認ください。
  • 新型コロナ感染症の現状況に伴い、柔軟にご対応いたしております。 詳しくは ご予約済の運航ルートがキャンセルとなった際の特別対応について  をご覧ください→


タリンクグループは運航先各国の規制と推奨を遵守しています。

最新の弊社プレスリリース(主に英語)はタリンクグループのプレス センターよりご参照いただけます。

弊社では、運航先各国の状況変化に伴い、臨機応変に新しいサービス及びプロダクトを造成しています。

 

今現在の運航ルートプラン

 

現在運航中のルート:

  • ヘルシンキ-タリンメガスターとスター号が 運航時間わずか2時間にて毎日数便運航しています。
  • ヘルシンキ-タリン-ヘルシンキ  シリアエウロパ号による22時間 オーバーナイトクルーズ
  • ヘルシンキ-ストックホルム: シリアシンフォニー号が運航
  • トゥルク‐オーランド諸島‐ストックホルム バルティックプリンセスとギャラクシー号が毎日朝と夜の出航便で運航
  • タリン-ストックホルム バルティッククィーン号が隔日運航

現在運航が規制されているルート: 

  • タリン-ストックホルム:  ヴィクトリア I は2022年4月8日まで現在運航を休止しています。バルティッククィーン号は2022年2月11日~17日運航休止します。
  • リガ-ストックホルム: 2022年4月6日にイザベル号にて運航再開の予定です。
  • ヘルシンキ-ストックホルム: シリアセレナーデ号は2022年1月11日~3月24日運航を休止します。


詳しい運航時刻表はこちらから 

 

新型コロナ感染症に関する重要注意事項
 

新型コロナ感染症の状況に応じ各国、旅行者の入国に制限や条件を設けている場合があります。ご旅行に臨んでは、必ず事前にご旅行の目的国、また通過国の政府のウェブサイトをご参照いただき、入国が可能であるか、また要求される条件を満たすことが可能かご確認ください。

一般に、提示を要求される証明書に次のようなものがあります:

  • 新型コロナワクチンの完全接種 (EUで認可されているワクチンに限る)
  • ご旅行前14日以内に受けた新型コロナワクチンの1回目の接種
  • 旅行前72時間以内に受けたCovid-19テストの陰性証明
  • 6か月以内のCovid-19の罹患証明

制限条項は目的国、また旅行者の居住国によって相違する可能性があることにご留意ください。

エストニアへの旅行について 

  • エストニア外務省からの情報をご参照ください: https://vm.ee/en |Visit Estonia 
  • エストニア入国規制について: 詳細→
  • エストニアの出入国について: 詳細→
  • エストニア入国前の申請事項について(TERVISEAMET)https://iseteenindus.terviseamet.ee/
  • エストニアでは、新型コロナに関する証明の確認が行われない屋内施設でのマスク着用が義務付けられています。つきましては、乗船前のDターミナルにてもマスク着用にご協力いただけますようお願い申し上げます。

フィンランドへの旅行について

スェーデンへの旅行について

ラトビアへの旅行について 

 

その他一般情報

フィンランド、エストニア、スウェーデン、ラトビア各国の保険局 / 連絡先:
 

ご不明な点などありましたら、弊社の お客様サポートまで英語にてご連絡ください。

--------------------------------------

以下、タリンクシリアの最新ニュース及びプレスリリース(主に英語)をご参照ください。

--------------------------------------

--------------------------------------